縁端距離を考慮した頭付きスタッドの引抜きおよびせん断強度評価式 PULL-OUT AND SHEAR STRENGTH EQUATIONS FOR HEADED STUDS CONSIDERING EDGE DISTANCE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

異種材料から構成される複合構造形式の接合部には頭付きスタッド (以下, スタッドと称す) が使用されることが多い. その際, スタッドは有限な領域で配置されるため, 個々のスタッドはコンクリート縁からの距離が異なり, それら一群のスタッドに同一の変位 (ずれ・浮き上がり) を与えても, 同一の引抜きおよびせん断耐荷力を示さないことが予想される. そこで本論文では, 既往の研究の試験データと引抜きおよびせん断耐力評価式を再評価して, 縁端距離を考慮しない場合の強度評価式について定式化した. 次いで, 縁端距離を考慮すべき試験データに対しても, スタッドの耐力低下に及ぼす影響因子を明らかにし, 新しい縁端距離パラメータを導入したスタッドの引抜きおよびせん断強度評価式にっいても定式化した。

Studs are often used as shear connectors or anchors between concrete and steel members at various composite structures. Generally as each stud has different edges distance from the edges of structural concrete, it is not expected that they have same pull-out and shearing strength as the studs located enough inside, even if all studs were arranged in a group to be subjected same displacement.<br>In this paper, the authors evaluated again test data of previous investigation including their new test results and strength equations for pull-out and shearing capacities were revised in the case of free to consider the edge distance. Then in the case of the studs to be considered the edge distance, new influence factors were found and composed into the revised equations as coefficients.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 703, 279-291, 2002-04-21

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  25件中 1-25件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008220085
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    6155700
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ