CAG法(ゲル生成剤とCO_2飽和水の交互圧入法)を用いたポリマー架橋処理による増油可能性 Possibility of improving oil recovery by a polymer gelation method using CAG(CO_2-Water alternating gelant in jection process)

この論文をさがす

著者

    • 李 元圭 LEE Wonkyu
    • 東京大学大学院工学系研究科・地球システム工学専攻 Department of Geosystem Engineering, School of Engineering, University of Tokyo
    • 増田 昌敬 MASUDA Yoshihiro
    • 東京大学大学院工学系研究科・地球システム工学専攻 Department of Geosystem Engineering, School of Engineering, University of Tokyo

収録刊行物

  • 石油技術協会誌

    石油技術協会誌 67(2), 204-214, 2002-03

    石油技術協会

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008226549
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00130976
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03709868
  • NDL 記事登録ID
    6158290
  • NDL 雑誌分類
    ZP29(科学技術--化学・化学工業--燃料--石油)
  • NDL 請求記号
    Z17-178
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL 
ページトップへ