体細胞クローン豚の誕生 Pig cloning by microinjection of somatic cell nuclei

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

体細胞クローン動物は、これまで、マウス、山羊、羊および牛で誕生している。豚の体細胞クローンに関しては、優良種豚の増産を始めとする育種改良や遺伝資源の保存、さらに異種移植の分野への応用が期待されているが、成功例がない状況にあった。我々は、今回、除核した卵子内に胎児由来の線維芽細胞核を、ピエゾ式マイクロマニピュレーターを用いて注入することにより、体細胞クローン豚の作出に成功した。クローンの証明は、毛色、性およびマイクロサテライトDNAマーカーを用いた分析により行った。

収録刊行物

  • 農林水産技術研究ジャーナル

    農林水産技術研究ジャーナル 24(3), 33-36, 2001-03-01

    農林水産技術情報協会

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008243011
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00386754
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03879240
  • NDL 記事登録ID
    5694812
  • NDL 雑誌分類
    ZR6(科学技術--農林水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1300
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ