温暖化による雑草の発生と分布の変化 Impacts of global warming on the distribution of weeds in Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

温暖化は、種子の休眠覚醒と発芽のタイミングを周囲の温度変化によって決定している雑草や、低温にさらされることによって花芽形成が誘導される雑草の発生や分布に大きな影響を与えている。また、特に冬季の最低気温の上昇は、熱帯や亜熱帯原産の雑草が日本へ定着することを容易にしている。雑草に対する温度、二酸化炭素濃度及び水分ストレスなどの相互作用の影響を総合的に明らかにし、作物との競合についても検討する必要がある。

収録刊行物

  • 農林水産技術研究ジャーナル

    農林水産技術研究ジャーナル 24(10), 31-35, 2001-10-01

    農林水産技術情報協会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008243386
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00386754
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03879240
  • NDL 記事登録ID
    5932646
  • NDL 雑誌分類
    ZR6(科学技術--農林水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1300
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ