ビートパルプヘミセルロースの抽出と構造解析 Isolation and Characterization of Hemicelluloses from Beet Pulp

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 ショ糖搾汁残渣ビートパルプの各種酵素による糖化率向上をはかるための研究の一環として,ビートパルプヘミセルロースの構造解析を行った.ビートパルプ構成多糖を常法により分画した.24%KOH抽出画分をさらに分画し,キシラン画分とキシログルカン画分を得た.それぞれを構成糖,糖結合様式および酵素分解の分析等に供し構造を推定した.キシランの主鎖はD-キシロース残基がβ-1,4結合で直鎖状に結合しており,キシロース残基の約11%に中性糖や酸性糖が側鎖として結合した構造と推定した.キシログルカンを構成しているオリゴ糖単位は,XXXG,XXLG,XLXG,XXFG,XLLGおよびXLFG[XXXG等はFryらによるキシログルカンオリゴ糖の表示法で,主鎖の各(1→4)-β結合のグルコース残基の分岐様式により一文字コードで示される.G=β-D-Glc,X=α-D-Xyl-(1→6)-β-D-Glc,L=β-D-Gal-(1→2)-α-D-Xyl-(1→6)-β-D-Glc,F=α-L-Fuc-(1→2)-β-D-Gal-(1→2)-α-D-Xyl-(1→6)-β-D-Glc]で,その比は44:1:3:25:1:26であった.ヘミセルロース中のキシロース残基の約50%がキシログルカンのキシロース残基に,残りがキシランのそれに由来することがわかった.

A xylan and xyloglucan were isolated from the 24% KOH extract of beet pulp. A methylation analysis and enzymic degradation studies on the polysaccharides showed that the former polysac-charide had a linear β-(1→4)-linked D-xylopyranosyl backbone with side chains, and the latter was built up of repeating-oligosaccharide units, XXXG, XXLG, XLXG, XXFG, XLLG and XLFG [where each (l→4)-β-linked D-glucosyl residue in the backbone is given a one-letter code accord-ing to its substituents: G, β-D-Glc; X, α-D-Xyl-(1→6)- β-D-Glc; L, β-D-Gal-(1→2)-α-Xyl-(1rarr;6)β-Glc; and F, α-L-Fuc-(1→2)-β-D-Gal-(1→2)-α-D-Xyl-(1→6)-β-D-Glc] in an approximate molar ratio of 44: 1: 3 : 25: 1: 26.

収録刊行物

  • 応用糖質科学 : oyo toshitsu kagaku = Journal of applied glycoscience

    応用糖質科学 : oyo toshitsu kagaku = Journal of applied glycoscience 47(1), 45-48, 2000-03-31

    日本応用糖質科学会

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008251485
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10453916
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13403494
  • NDL 記事登録ID
    5397195
  • NDL 雑誌分類
    ZP24(科学技術--化学・化学工業--糖・澱粉)
  • NDL 請求記号
    Z17-15
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ