酵素法によるフェネチルアルコール配糖体の大量合成とその応用 Enzymatic Synthesis of Phenethyl Glycoside and Its Application

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 フェネチルアルコール配糖体の酵素的合成とその応用について研究を行った.Escherichia coli由来のβ-ガラクトシダーゼにより,フェネチルアルコール配糖体の大量調製を試み,フェネチルアルコール配糖体を無香性の白色粉末としてkgスケールで単離した.酵素分解処理,機器分析により,本配糖体がフェネチルβ-D-ガラクトピラノシドであることを明らかにした.フェネチルβ-D-ガラクトピラノシドは,切り花への賦香効果が報告されているフェネチルα-D-グルコピラノシドに比べて非常に高い植物芳香増強効果を有していた.

Phenethyl alcohol was galactosylated by the β-galactosidase of Escherichia coli using lactose as the galactosyl donor. When 4 kg of phenethyl alcohol and 60 kg lactose in 10 mM potassium phos-phate buffer (pH 7.0) were incubated for 3 h at 40°C in the presence of 10 U/mL β -galactosidase, 2.8 kg of phenethylgalactoside was obtained in a 30.2% yield based on the phenethyl alcohol added. This product was water-soluble and had no perfume. It was identified as phenethyl β-D-galactopyranoside (PEGaI) by hydrolysis with α/β-galactosidase, FAB-mass and 1H-, 13C-NMR spectroscopies, respectively. PEGaI increased the floral aroma in rose flowers more strongly than phenethyl α -D-glucopyranoside (PEGIc).

収録刊行物

  • 応用糖質科学 : oyo toshitsu kagaku = Journal of applied glycoscience

    応用糖質科学 : oyo toshitsu kagaku = Journal of applied glycoscience 47(1), 55-59, 2000-03-31

    日本応用糖質科学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008251536
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10453916
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13403494
  • NDL 記事登録ID
    5397212
  • NDL 雑誌分類
    ZP24(科学技術--化学・化学工業--糖・澱粉)
  • NDL 請求記号
    Z17-15
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ