グリコシダーゼを用いるオリゴ糖の合成研究 Studies on the Syntheses of Oligosaccharides Using Glycosidases

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 藤本 浩 FUJIMOTO Hiroshi
    • 明治乳業株式会社ヘルスサイエンス研究所 Meiji Institute of Health Science, Meiji Milk Products Co., Ltd.

抄録

 最近,糖タンパク質や糖脂質などの複合糖質糖鎖が生体分子間における認識の調節を担っていることが明らかになってきている.このような糖鎖の果たす役割を明らかにするために,糖鎖の効率的な合成法の確立が望まれている.そこで,多種多様な構造をもつ複合糖質糖鎖を構成するオリゴ糖のグリコシダーゼの二つの反応(加水分解の逆反応および転移反応)を用いる合成法の研究を行った.加水分解反応の逆反応によるオリゴ糖の合成において,バッチ法では種々の結合を有するオリゴ糖が生成したが,カラム法では,酵素の基質特異性に従い,オリゴ糖が位置選択的に得られた.また,転移反応においても高い基質特異性を有する酵素を用いるか,受容体のアノマーを変えることにより,目的の結合を有するオリゴ糖が位置選択的に合成できることを明らかにした.以上のように,グリコシダーゼの移転反応と加水分解の逆反応とを使い分けることにより多種多様な構造をもつ複合糖質糖鎖の部分構造であるオリゴ糖ブロックの合成が可能であることが明らかになった. 

I have studied the enzymatic syntheses of oligosaccharides composing the sugar chains of glycoconjugates using glycosidases by two types of reactions: reverse hydrolysis and transglycosylation. In the reverse hydrolysis reaction, oligosaccharides having a variety of linkages were obtained by a batch method. On the other hand, it has been clarified that glycosidase having a different substrate specificity and from a different origin gives a different oligosaccharide with respective regioselectivity by the column method. In the transglycosylation reaction, the oligosaccharide was synthesized regioselectively according to the substrate specificity of the glycosidase used.

収録刊行物

  • 応用糖質科学 : oyo toshitsu kagaku = Journal of applied glycoscience

    応用糖質科学 : oyo toshitsu kagaku = Journal of applied glycoscience 47(1), 99-104, 2000-03-31

    The Japanese Society of Applied Glycoscience

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008251612
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10453916
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13403494
  • NDL 記事登録ID
    5397266
  • NDL 雑誌分類
    ZP24(科学技術--化学・化学工業--糖・澱粉)
  • NDL 請求記号
    Z17-15
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ