ブドウ果実のエリシター誘導性キチナーゼの精製と性質 Purification and Characterization of Elicitor-induced Chitinase from Grape Berries

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 グリコールキチンを用いてエリシター処理した甲州ブドウ果実から誘導性キチナーゼを精製した.ブドウ抽出液の硫安塩析(80%飽和)画分を,キトパールBL-3およびQ-SepharoseHP(HiTrapQ)を用いたカラムクロマトグラフィーに掛け,キチナーゼを分離した.エリシター処理をしたブドウ果実から精製した誘導キチナーゼはポリアクリルアミドゲル電気泳動において単一であった.誘導キチナーゼの反応最適pHは4.0,またpH5.0-6.5の範囲で酵素は安定であった.反応最適温度は40℃,また40℃以下の温度で酵素は安定であった.誘導キチナーゼのN末端アミノ酸配列は,NH2-GTITvYxGQNGQであった.この配列は,VitisviniferaクラスIIIキチナーゼと高いホモロジーを示した.誘導キチナーゼは灰色カビ病の原因菌であるBotrytiscinereaの増殖を阻害した.この事実は,本誘導キチナーゼが成熟ブドウの病原菌に対する防御機構において,重要な役割を果たしていることを強く示唆している.

An induced chitinase was purified from Koshu grapes elicitated with glycolchitin. The protein fraction obtained by salting out with ammonium sulfate (80% saturation) from the extract solution of the grapes was separated by successive chromatographies on Chitopearl BL-3 and Q-Sepharose HP (HiTrap Q) columns. The induced chitinase was homogeneous on polyacrylamide gel electrophoresis. The optimum pH of the induced chitinase was 4.0, and the enzyme was stable under acidic conditions between pH 5.0-6.5. The optimum temperature was 40°C, and the enzyme was stable below 40°C. The N-terminal amino acid sequence of the induced chitinase was NH2-GTITVYXGQNGN, which is highly homologous with that of the class III chitinase of <I>Vitis vinifera.</I> The induced chitinase inhibited the growth of <I>Botrytis cinerea, </I> which causes grey mold disease, strongly suggesting that it plays an important role in the defense mechanism against phytopa-thogens in mature grape.

収録刊行物

  • 応用糖質科学 : oyo toshitsu kagaku = Journal of applied glycoscience

    応用糖質科学 : oyo toshitsu kagaku = Journal of applied glycoscience 47(2), 163-168, 2000-06-30

    日本応用糖質科学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008251722
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10453916
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13403494
  • NDL 記事登録ID
    5436012
  • NDL 雑誌分類
    ZP24(科学技術--化学・化学工業--糖・澱粉)
  • NDL 請求記号
    Z17-15
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ