トゲキリンサイからι-カラギーナンの分離・同定 Isolation and Characterization of ι-Carrageenan from Eucheuma serra (Togekirinsai)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 林 麗華 LIN Li-hwa
    • 琉球大学農学部生物資源科学科 Department of Bioscience and Biotechnology, Faculty of Agriculture, University of the Ryukyus
    • 田幸 正邦 TAKO Masakuni
    • 琉球大学農学部生物資源科学科 Department of Bioscience and Biotechnology, Faculty of Agriculture, University of the Ryukyus
    • 本郷 富士弥 HONGO Fujiya
    • 琉球大学農学部生物資源科学科 Department of Bioscience and Biotechnology, Faculty of Agriculture, University of the Ryukyus

抄録

 トゲキリンサイから`ιカラギーナンを分離・同定した.トゲキリンサイは沖縄県宮古島の内海で採取し,水洗いと塩抜きの後,通風乾燥(40℃,24時間)させ,乾燥藻体を得た.乾燥藻体を蒸留水に分散させ,煮沸によって多糖を抽出し,常法により精製すると,4.6%(対湿潤藻体)の収率で多糖を得た.本多糖の全糖量,灰分,硫酸はそれぞれ,71.4%,21.2%および23.8%であった.本多糖を加水分解およびメタノリシスの後,ペーパークロマトグラフィー,液体クロマトグラフィーおよび薄層クロマトグラフィーにより,D-ガラクトースと3,6-アンヒドロ-D-ガラクトースを同定した.また,システイン-硫酸法とレゾルシン法により,それぞれの糖の含量は39 .1%および30.5%であった.本多糖の分子量はおよそ28万と推定された.また,本多糖の赤外吸収スペクトルおよび旋光度の結果は標品のι-カラギーナンのそれらと良く一致した.さらに,<SUP>13</SUP>C-および<SUP>1</SUP>H-NMRスペクトルの結果から,D-ガラクトース-4-硫酸と3 ,6-アンヒドロ-D-ガラクトース-2-硫酸を同定した.以上の結果から,本多糖はι-カラギーナンであると同定した.

A gelling polysaccharide was extracted from Togekirinsai (Eucheuma serra), which was collected from Miyako Island, Okinawa Prefecture, Japan, and purified by gelation with calcium chloride. The purified polysaccharide obtained from Togekirinsai was colorles fibrous powder; yield, 38.3% (w/w) based on dried seaweed and 4.6% (wet seaweed). The total carbohydrate, ash and moisture contents of the polysaccharide were 71.4, 21.2 and 7.1%, respectively. The content of total sulfate was estimated to be 23.8%. The polysaccharide was composed of D-galactose, 3, 6-anhydro-D-galactose and ester sulfate at a molar ratio of 1.2: 1.0: 1.5. Molecular mass of the polysaccharide was estimated to be about 2.8×10<SUP>5</SUP>. The infrared spectrum and values of optical rotation of the polysaccharide at different temperatures were in agreement with those of standard ι-carrageenan. The <SUP>13</SUP>C- and <SUP>1</SUP>H-NMR spectra showed the polysaccharide isolated from Togekirinsai was composed of D-galactopyranosyl-4-sulfate and 3, 6-anhydro-D-galactopyranosyl-2-sulfate . These results indicate that the gelling polysaccharide is a ι-carrageenan.

収録刊行物

  • 応用糖質科学 : oyo toshitsu kagaku = Journal of applied glycoscience

    応用糖質科学 : oyo toshitsu kagaku = Journal of applied glycoscience 47(3), 303-310, 2000-08-31

    日本応用糖質科学会

参考文献:  27件中 1-27件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008252104
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10453916
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13403494
  • NDL 記事登録ID
    5521398
  • NDL 雑誌分類
    ZP24(科学技術--化学・化学工業--糖・澱粉)
  • NDL 請求記号
    Z17-15
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ