固定化した枝切り酵素と固定していない枝切り酵素間でのアミロペクチンから遊離する外部鎖長の研究 Study on Outer Chains Released from Amylopectin between Immobilized and Free Debranching Enzymes

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

固定化したイソアミラーゼとフリーなイソアミラーゼ,およびフリーなプルラナーゼの枝切り反応をコントロールする条件を検討し,モチトウモロコシのアミロペクチンの各種部分加水分解物調製を行った.これらをToyopearl HW-65Fを用いるゲル濾過にかけ三つの成分に分けた.約10-15%部分加水分解物がアミロペクチンから切り放される短めの枝を集めるのには適していた.アミロペクチン分子の外部にある枝の分布を調べる手法を検討する目的で,最も分子量が小さい区分(fr.3)をイソアミラーゼで再度枝切り処理したのちHPAEC-PADで分析を行った.最も分子量が小さい区分の鎖長分布はDP6-15の短い鎖長が多く存在することから,このような短めの鎖長の多くはアミロペクチンの外部から由来するA鎖と考えられる.各種枝切り酵素間の比較から,フリーのイソアミラーゼとプルラナーゼを低い酵素活性で働かせて調製する部分枝切り物は,固定化イソアミラーゼと同じくアミロペクチンの外部鎖長の研究に利用できることが明らかになった.

収録刊行物

  • 応用糖質科学 : oyo toshitsu kagaku = Journal of applied glycoscience

    応用糖質科学 : oyo toshitsu kagaku = Journal of applied glycoscience 48(1), 1-10, 2001-01-01

    日本応用糖質科学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008252266
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10453916
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13403494
  • NDL 記事登録ID
    5648053
  • NDL 雑誌分類
    ZP24(科学技術--化学・化学工業--糖・澱粉)
  • NDL 請求記号
    Z17-15
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ