タケノコ由来のレクチンについて A Lectin from the Shoots of Bamboo Phyllostachys pubescens

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 逸見 香苗 HENMI Kanae
    • 静岡大学農学部応用生物化学科 Department of Applied Biological Chemistry, Faculty of Agriculture, Shizuoka University
    • 村田 健臣 MURATA Takeomi
    • 静岡大学農学部応用生物化学科 Department of Applied Biological Chemistry, Faculty of Agriculture, Shizuoka University
    • 碓氷 泰市 USUI Taichi
    • 静岡大学農学部応用生物化学科 Department of Applied Biological Chemistry, Faculty of Agriculture, Shizuoka University

抄録

 未熟モウソウチク(タケノコ)からレクチンをSephadexG-75を用いたアフィニティークロマトグラフィーによって単離,精製した.このレクチンはゲル濾過によって分子量48,000と推定され,数個の同一サブユニットから成っていた.赤血球凝集阻害反応によって,マルトースやα一メチルマンノシドに結合特異性を示すことが判明した.N末端配列はLys-Ser-Cys-Cys-Pro-Ser-Thr-Thr-Alaであり,これはヤドリギから得られているligatoxinAと同一であった

A lectin was isolated from the shoots of bamboo Phyllostachys pubescens by using affinity chro matography on Sephadex G-75. In hemagglutination inhibition assays, this lectin exhibited a binding specificity toward maltose and methyl α-mannoside. The N-terminal sequence was determined as Lys-Ser-Cys-Cys-Pro-Ser-Thr-Thr-Ala and identical with that of the American mistletoe toxin, ligatoxin A.

収録刊行物

  • 応用糖質科学 : oyo toshitsu kagaku = Journal of applied glycoscience

    応用糖質科学 : oyo toshitsu kagaku = Journal of applied glycoscience 48(2), 99-103, 2001-04-01

    日本応用糖質科学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008252460
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10453916
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13403494
  • NDL 記事登録ID
    5764152
  • NDL 雑誌分類
    ZP24(科学技術--化学・化学工業--糖・澱粉)
  • NDL 請求記号
    Z17-15
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ