Thermoanaerobacter brockii由来トレハロースホスホリラーゼによるα-D-ガラクトシルα-D-グルコシドの効率的酵素合成 Efficient Enzymatic Synthesis of Disaccharide, α-D-Galactosyl α-D-Glucoside, by Trehalose Phosphorylase from Thermoanaerobacter brockii

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 トレハロースをグルコシル供与体,ガラクトースを受容体として,好熱嫌気性菌Thermoanaerobacter brockii由来トレハロースホスホリラーゼを用いて非還元性二糖を酵素的に合成した.本糖質をパン酵母処理によるグルコースの除去,トレハラーゼ消化,アルカリ処理,分取HPLCを用いて効率良く反応液から単離した.酸分解,メチル化分析,<SUP>13</SUP>C-NMRなどにより本二糖の構造をα-D-ガラクトピラノシルα-D-グルコピラノシドと決定した.本糖質はα-ガラクトシダーゼによりごくわずか加水分解されたが,α-またはβ-グルコシダーゼ,β-ガラクトシダーゼ,トレハラーゼでは分解をうけなかった.

A non-reducing disaccharide was synthesized by trehalose phosphorylase from a thermophilic anaerobe, Thermoanaerobacter brockii, using trehalose as a glucosyl donor and D-galactose as an acceptor.This disaccharide was efficiently isolated from the reaction mixture by glucose eliminationusing baker's yeast, trehalase digestion, alkaline treatment and preparative HPLC. The chemicalstructure of the disaccharide was determined to be α-D-galactopyranosyl α-D-glucopyranoside byacid hydrolysis, methylation analysis, and by <SUP>13</SUP>C-NMR spectrometry. This saccharide was onlyminimally hydrolyzed by α-galactosidase, but not hydrolyzed by α- or β-glucosidase, β-galactosidase and trehalase.

収録刊行物

  • 応用糖質科学 : oyo toshitsu kagaku = Journal of applied glycoscience

    応用糖質科学 : oyo toshitsu kagaku = Journal of applied glycoscience 48(2), 135-137, 2001-04-01

    日本応用糖質科学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008252541
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10453916
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13403494
  • NDL 記事登録ID
    5764418
  • NDL 雑誌分類
    ZP24(科学技術--化学・化学工業--糖・澱粉)
  • NDL 請求記号
    Z17-15
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ