Candida guilliermondii H-404株のα-ガラクトシダーゼの縮合反応を用いたα-ガラクトビオースの調製 Production of the Positional Isomers of α-Galactobiose by the Reverse Reaction of α-Galactosidase from Candida guilliermondii H-404

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 α-ガラクトビオースはさまざまな生理機能が報告されている.α-ガラクトビオースの結合位置異性体を同時に高感度で分析する方法を,アミノ安息香酸エチルエステル標識化法(ABEE標識化法)を用いて確立した.Candida guilliermondii H-404株のα-ガラクトシダーゼの縮合反応を用いて,ガラクトースからα-ガラクトビオースを主体とするα-結合ガラクトオリゴ糖(α-GOSA)を効率よく合成できる.ABEE標識化法を用いて,α-ガラクトビオースの合成の経時変化を調べた.その結果,反応初期から,主生成物はα-1,6ガラクトビオースで,その他,α-1,3-と1,2-ガラクトビオースが生成した.このα-GOSAから,活性炭クロマトグラフィーを用いて,α-1,6-,1,3-,1,2-ガラクトビオースを調製した.

Time course of the positional isomers of α-galactobiose in α-linked galactooligosaccharide (α-GOS A) synthesized from galactose by the reverse reaction of α-galactosidase from Candida guilliermondii H-404 was analyzed by using p-aminobenzoic ethyl ester (ABEE)-conversion method. α-Galactobioses in α-GOS A consisted of α-1, 6-, 1, 3-, and 1, 2-galactobioses. α-1, 6-Galactobiose was the main product from an early reaction stage. α-1, 6-, 1, 3-, and 1, 2-Galactobioses were prepared from α-GOS A by an activated carbon chromatography.

収録刊行物

  • 応用糖質科学 : oyo toshitsu kagaku = Journal of applied glycoscience

    応用糖質科学 : oyo toshitsu kagaku = Journal of applied glycoscience 48(3), 279-285, 2001-07-01

    日本応用糖質科学会

参考文献:  22件中 1-22件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008252903
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10453916
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13403494
  • NDL 記事登録ID
    5831519
  • NDL 雑誌分類
    ZP24(科学技術--化学・化学工業--糖・澱粉)
  • NDL 請求記号
    Z17-15
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ