新しいアミノ基の修飾剤,1,5-アンヒドロ-D-フルクトースによるアミノ酸と蛋白質の修飾 1, 5-Anhydro-D-fructose, a New Material for Modification of Amino Groups as Demonstrated Using Amino Acid and Proteins

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1、5-アンヒドロ-D-フルクトース(1、5-アンヒドロ-D-アラビノ-ヘキソ-2-ウロース、1,5-AF)はアミノ基とよく反応するため、アミノ化合物の修飾剤としての利用が期待できる。グリシンと1,5-AFを50℃、pH7.5で反応させた場合の着色は、グルコースやキシロースよりも大きかった。1,5-AFとグリシンの混合物を凍結乾燥した後、30℃で48時間反応させると45%のアミノ基が修飾された。一方、同じ条件のグルコースでは5%以下であった。この1,5-AFによる修飾をリゾチームに応用した。修飾リゾチームの質量分析から1,5-AFが分子内に導入されていることが確かめられた。修飾リゾチームの最適pHは、グリコールキチンを基質とした場合pH4.5で未修飾はpH5.0であった。一方、Mycrococcus lysodeikiticusの乾燥菌体を基質とした場合は最適pHが修飾によりpH7.8から6.0に変化した。コムギ蛋白であるグリアジンとグルテニンを同様に修飾したところ、修飾グリアジンの乳化性と溶解性が向上した。

収録刊行物

  • 応用糖質科学 : oyo toshitsu kagaku = Journal of applied glycoscience

    応用糖質科学 : oyo toshitsu kagaku = Journal of applied glycoscience 49(2), 129-135, 2002-04-01

    日本応用糖質科学会

参考文献:  21件中 1-21件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008253529
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10453916
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13403494
  • NDL 記事登録ID
    6142360
  • NDL 雑誌分類
    ZP24(科学技術--化学・化学工業--糖・澱粉)
  • NDL 請求記号
    Z17-15
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ