デキストラン-ジアルデヒド修飾トリプシンの特性 Characterization of Trypsin Modified with Dextran-dialdehyde

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 デキストランの過ヨウ素酸酸化により調製したデキストランージアルデヒドは赤外吸収スペクトル分析から,アルデヒド基の生成が確認された.そのアルデヒド化率は62%,分子量は22,000であった.調製したデキストランージアルデヒドをウシ膵臓トリプシンに結合させ,得られた修飾酵素を精製し,その特性について検討した.修飾の結果,分子量は23,000から92,000に増加し,等電点は10.1から6.7へ減少した.また,トリプシン分子中の遊離のアミノ基15残基のうち10残基が修飾されていた.修飾トリプジンのpH安定性はデキストランージアルデヒドが導入されたことにより向上したが,基質特異性は変化していなかった.

Periodate oxidation of clinical dextran gave dextran-dialdehyde, which had absorption at the 1740cm-1 region of the infrared spectrum and contained 62% of D-glucose residues in oxidized form. Bovine pancreatic trypsin was modified with dextran-dialdehyde. The molecular weight of the modified trypsin was estimated to be 92, 000 based on the protein standards. The isoelectric point (p1) of trypsin decreased from 10.1 to 6.7 upon modification. Ten residues out of 15 free amino groups were modified per trypsin molecule. Carbohydrate content of modified trypsin was 49%. The modified trypsin showed a similar hydrolysis pattern of insulin B-chain with that of the native trypsin.

収録刊行物

  • 応用糖質科学 : oyo toshitsu kagaku = Journal of applied glycoscience

    応用糖質科学 : oyo toshitsu kagaku = Journal of applied glycoscience 43(1), 43-49, 1996-03-31

    The Japanese Society of Applied Glycoscience

参考文献:  26件中 1-26件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008254912
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10453916
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13403494
  • NDL 記事登録ID
    3959776
  • NDL 雑誌分類
    ZP24(科学技術--化学・化学工業--糖・澱粉)
  • NDL 請求記号
    Z17-15
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ