サイクロデキストラン合成酵素のODS C_<18>カートリッジによる活性測定と反応速度定数 ODS C_<18> Cartridge Assay of Cyclodextran Glucanotransferase

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 サイクロデキストラン合成酵素(CITase)はデキストランを基質としてサイクロデキストラン(CIs)を合成する.CITaseが触媒する環化反応の簡便な測定法としてODSC<SUB>18</SUB>カートリッジ(Sep-Pak)を用いる方法について検討した.この方法でCITaseの環化反応の速度定数を測定した.デキストランT-40,T-110,T-500に対する.Krn値はそれぞれ,7.5,1.3,0.5mMグルコース当量となり,Vmax値は122.3,72.2,48.5μmo1グルコース/minとなった.また,デキストランとClsを基質としてCITaseによる加水分解反応をネオクプロイン法による還元糖の定量法を用いて測定したところ,デキストランの水解反応のKm値は環化反応での値とほぼ同程度であることが明らかとなった.

Cyclodextran glucanotransferase (CITase) synthesized cyclodextrans (CIs) from the substrate dextran. A new assay method of CITase by the convenient measurement of its cyclization reaction was devised by using ODS C18 cartridge (Sep-Pak). By this method, the kinetic parameters of CITase for the cyclization reaction were measured. The K<SUB>m</SUB> values for the dextrans T-40, T-110, and T-500 were 7.5, 1.3, and 0.5 mM glucose equivalent, and the V<SUB>max</SUB> values were 122.3, 72.2, and 48.5 dumol of glucose/min, respectively. Moreover, the hydrolysis reaction of CITase was measured with dextrans and CIs by the reducing sugar assay of the Neocuproine method, and the K<SUB>m</SUB> values for the hydrolysis of dextrans were almost comparable with the values for cyclization reaction.

収録刊行物

  • 応用糖質科学 : oyo toshitsu kagaku = Journal of applied glycoscience

    応用糖質科学 : oyo toshitsu kagaku = Journal of applied glycoscience 45(4), 367-372, 1998-12-01

    日本応用糖質科学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008258371
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10453916
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13403494
  • NDL 記事登録ID
    4635636
  • NDL 雑誌分類
    ZP24(科学技術--化学・化学工業--糖・澱粉)
  • NDL 請求記号
    Z17-15
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ