高濃度のグルコースオキシダーゼによるウロン酸の酸化 Oxidation of Uronic Acids by a Large Excess of Glucose Oxidase Preparations

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 3種類の市販品酵素のグルコースオキシダーゼ(GOD)はグルクロン酸,ガラクツロン酸に作用して糖酸を生成する作用を有することが認められた.GODの最適反応条件はpH8.0,50℃ であったが,ウロン酸酸化酵素(UOD)活性の最適条件はpH3.5,40℃ であった.GOD活性とUOD活性を分離することができなかったため,UOD反応はGODの基質特異性の一部に帰因するものと推定された.ウロン酸に対する.Kmがグルコースの6倍も高いことも,UOD反応がGODの副反応であることを示している.しかしながら,UODがGODとは別の酵素である可能性も否定できないため,両酵素の異同性に関してはさらに検討が必要である.ウロン酸からの反応生成物をHPLC,ペーパー一クロマトグラフィーで分析した結果,糖酸の標準品と一致する挙動を呈する成分の存在が確認された.

Three commercial enzyme preparations of glucose oxidase (GOD) showed an oxidizing ability of glucuronic acid and galacturonic acid to form sugar acids. The optimum conditions of GOD reaction were at pH 8.0 and 50°C, whereass those of uronic acid oxidase (UOD) reaction were at pH 3.5 and 40°C. In spite of extensive attempts to separate GOD from UOD, the isolation of each activity was unsuccessful, and UOD reaction resulted from the wide substrate specificity of GOD reaction. More than 6-fold higher K<SUB>m</SUB> values for glucuronic acid and galacturonic acid than for glucose might suggest that UOD reaction was the alternative reaction of GOD enzyme. However, a more definite conclusion on UOD activity should be drawn from further studies. The reaction products from uronic acids were analyzed by HPLC and paper chromatography, and some products were shown to be identical with sugar acids.

収録刊行物

  • 応用糖質科学 : oyo toshitsu kagaku = Journal of applied glycoscience

    応用糖質科学 : oyo toshitsu kagaku = Journal of applied glycoscience 46(1), 1-7, 1999-03-31

    日本応用糖質科学会

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008258526
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10453916
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13403494
  • NDL 記事登録ID
    4785602
  • NDL 雑誌分類
    ZP24(科学技術--化学・化学工業--糖・澱粉)
  • NDL 請求記号
    Z17-15
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ