イネ培養細胞における2種類のα-アミラーゼアイソフォームの糖による発現制御の差異 Differences in Sugar Regulation between Two Isoforms of α-Amylase in Suspension-Cultured Cells of Rice

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 下司 直美 GESHI Naomi
    • 名古屋大学生物分子応答研究センター・生命農学研究科 Bioscience Center and Graduate School of Bioagricultural Sciences, Nagoya University
    • 赤沢 堯 [他] AKAZAWA Takashi
    • 名古屋大学生物分子応答研究センター・生命農学研究科 Bioscience Center and Graduate School of Bioagricultural Sciences, Nagoya University
    • 山口 淳二 YAMAGUCHI Junji
    • 名古屋大学生物分子応答研究センター・生命農学研究科 Bioscience Center and Graduate School of Bioagricultural Sciences, Nagoya University

抄録

 イネのα-アミラーゼアイソフォームの組織別発現と培養細胞を用いた糖による合成抑制現象について解析した.各種のイネの組織を用いたザイモグラム解析によって,主に6種類のα-アミラーゼアイソフォーム,すなわちアイソフォームY,A,G,H,IとJが確認され,その内,Aは発芽種子で, Yは幼植物で, A-Jは培養細胞での主要なアイソフォームであった.精製後のアミノ酸配列の決定の結果から,アイソフォームAはRAmy1A,アイソフォームHはRAmy3D遺伝子の翻訳産物であることが明らかとなっている(Plant Physiol.,110,1395-1404(1996)).イネのα-アミラーゼ遺伝子が糖によって転写抑制を受けることがよく知られていることから,これらのアイソフォームの糖応答性について解析を加えた.RA my3D翻訳産物(アイソフォームH)は代謝される糖によって完全に合成が阻害されるのに対して,RAmy1A訳産物(アイソフォームA)は,その合成が糖による阻害を受けるものの,RAmy3D翻訳産物に比べるとその阻害程度が緩やかであった.両タンパク質の発芽時における生理的意義について考察した.

Tissue-specific expression of the isoforms of rice α-amylase and their expression in suspension cultured cells were investigated, together with regulation by various sugars. Six isoforms, Y, A, G, H, I and J, were identified: Isof orm A, Isof orm Y and Isof orms A-J were mainly detected in germinating seeds, young plant tissues, and suspension-cultured cells, respectively. From the results of amino acid sequencing of the purified isoforms, isoform A and isoform H were identified as the gene products of RAmy1A and RAmy3D, respectively (Plant Physiol., 110, 1395-1404 (1996)) . Since metabolic regulation of the expression of rice a-amylase has been reported, we analyzed this phenomenon by following the changes in levels of each isoform in cells in suspension cultures in the presence of various sugars . The expression of the RAmy3D-encoded protein (isoform H) was completely repressed by so-called metabolic sugars, while expression of the RAmy1A-encoded protein (isoform A) was repressed to a less extent. The results indicate that high expression of the RAmy3D-encoded protein is controlled much differently from that of the RAmy1A-encoded protein.

収録刊行物

  • 応用糖質科学 : oyo toshitsu kagaku = Journal of applied glycoscience

    応用糖質科学 : oyo toshitsu kagaku = Journal of applied glycoscience 46(2), 111-119, 1999-06-30

    日本応用糖質科学会

参考文献:  32件中 1-32件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008258769
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10453916
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13403494
  • NDL 記事登録ID
    4785681
  • NDL 雑誌分類
    ZP24(科学技術--化学・化学工業--糖・澱粉)
  • NDL 請求記号
    Z17-15
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ