ホホバ外皮酸性キシランの分離と構造 Isolation and Characterization of an Acidic Xylan from Jojoba (Simmondsia chinensis) Hulls

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 ホホバ外皮のヘミセルロースII画分(24%水酸化カリウム抽出画分)から水不溶性の酸性キシランを分誰し,メチル化分析とキシラナーゼ加水分解物の分析から構造を推定した.酸性キシランの主鎖はD-キシロース残基がβ-1,4結合で直鎖状に結合しており,キシロース残基の約13%に4-0-methyl-α-D-glucopyra-Zosyluronic acidが0-2の位置で側鎖として結合した陦造と推定した.

An acidic xylan in the 24% KOH extract of jojoba (Simmondsia chinensis) hulls was isolated and characterized by methylation analysis and enzymatic degradation studies. The results suggested that jojoba hull-acidic xylan had a linear chain of β- (1→4) -D-xylosyl residues in the backbone, about 13% of which were branched at the 0-2 position, with 4-0-methyl-α-D-glucopyranosyluronic acid residues.

収録刊行物

  • 応用糖質科学 : oyo toshitsu kagaku = Journal of applied glycoscience

    応用糖質科学 : oyo toshitsu kagaku = Journal of applied glycoscience 46(3), 281-284, 1999-08-31

    日本応用糖質科学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

被引用文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008259240
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10453916
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13403494
  • NDL 記事登録ID
    4846264
  • NDL 雑誌分類
    ZP24(科学技術--化学・化学工業--糖・澱粉)
  • NDL 請求記号
    Z17-15
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ