ジアルデヒド-澱粉で修飾したタカアミラーゼAはジアルデヒド-デキストランで修飾したものより失活が大きい Larger Loss of Activity in Taka-amylase A Modified with Starch-dialdehyde than with Dextran-dialdehyde

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 タカアミラーゼA(TAA)を澱粉,デキストランなどの各種ジアルデヒド誘導体で架橋状に修飾した.ジアルデヒドー澱粉では修飾により,TAAの遊離のアミノ基量と酵素活性が速やかに,かつ,顕著に減少したが,ジアルデヒドーデキストランでは同量程度のアミノ基が修飾されてもTAAの失活は小さかった.SDSゲル電気泳動によりTAA-ジアルデヒドーデキストラン複合体の分子量の増加が示された.修飾したTAAの各種基質に対する作用を比較したところ,TAAの修飾の度合いが高まるほどマルトース,フェニルα-グルコシドへの作用性が増加することがわかった.これとは逆に,マルトトリオース,マルトテトラオース,γ-サイクロデキストリンに対する作用は修飾に伴って減少した.この場合にも,ジアルデヒドーデキストランで修飾したTAAの方がジアルデヒド澱粉で修飾した酵素よりも,これらのオリゴ糖に対して高い活性を示した.さらに,蛍光試薬のオルトフタルアルデヒドによる失活は,TAAをあらかじめジアルデヒドーデキストランで修飾しておくことで減衰されたことから,TAAとジアルデヒド誘導体との反応には酵素活性に致死的な影響を与えにくいアミノ基が関与していることが示唆された.

Cross-linked modifications of Taka-amylase A (TAA) with various dialdehyde derivatives including starch- and dextran-dialdehyde were examined. A rapid and significant decrease in the amount of free amino groups and enzyme activity of TAA was attained by starch-dialdehyde, whereas dextran dialdehyde caused much lower loss in activity of TAA in spite of a similar extent of amino group modification. The molecular weight of the dextran-modified TAA increased by about 10, 000-20, 000 Da, which was measured by SDS-gel electrophoresis. A comparison of the activity of modified TAA on various substrates indicated a slight but definite increase in susceptibility to maltose and phenyl α-glucoside according to the increase in the extent of modification of TAA. In contrast, the activity of the modified TAA on maltotriose, maltotetraose, and γ-cyclodextrin decreased upon modification. Here, again, TAA modified with dextran-dialdehyde retained higher activity to those oligosaccharides than that modified with starch-dialdehyde. Moreover, inactivation caused by the fluorescent reagent, o-phthalaldehyde, was retarded by previous modification with dextran-dialdehyde, indicating that reaction between TAAand dialdehyde derivatives occurred through non-critical amino groups for enzyme activity.

収録刊行物

  • 応用糖質科学 : oyo toshitsu kagaku = Journal of applied glycoscience

    応用糖質科学 : oyo toshitsu kagaku = Journal of applied glycoscience 46(4), 407-412, 1999-12-01

    日本応用糖質科学会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008259352
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10453916
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13403494
  • NDL 記事登録ID
    4976515
  • NDL 雑誌分類
    ZP24(科学技術--化学・化学工業--糖・澱粉)
  • NDL 請求記号
    Z17-15
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ