アミノ基に特異的な試薬により修飾したタカアミラーゼAの失活 Inactivation of Taka-amylase A Modified by Chemical Reagents Specific to the Amino Groups

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 タカアミラーゼA(TAA)のアミノ基をトリニトロベンゼンスルホン酸,ホルムアルデヒド,ピリドキサール5'-りン酸で修飾し,蛍光試薬のオルトフタルアルデヒド(OPA)の場合と比較した.既報のように,OPAはTAAの強い失活をもたらすが,上記の3種類の試薬ではTAAの強い失活は起こらなかった三HPLCによる分析から,OPAとLys残基との反応はpHとCys残基の存在に依存して大きな差を生じた.これらの結果から,OPAとほかの3種の試薬によるTAAの修飾が異なる応答を示す理由として,Cys残基がOPA反応おいて重要な役割を果たしていることが示唆された.

The modification of amino groups in Taka-amylase A (TAA) using trinitrobenzene sulfonic acid (TNBS), formaldehyde, and pyridoxal 5'-phosphate (PLP) was compared with that using a fluorescent reagent, ο-phthalaldehyde (OPA). Although OPA resulted in potent inactivation of TAA as described in previous papers, the other three reagents described above caused no such inactivation of TAA. HPLC analysis showed that reactions of OPA with Lys residue differed greatly depending on the pH and the presence of Cys residue. Therefore, the different response of TAA for the modifications between OPA and other reagents suggested that Cys residue played an important role in the OPA reaction.

収録刊行物

  • 応用糖質科学 : oyo toshitsu kagaku = Journal of applied glycoscience

    応用糖質科学 : oyo toshitsu kagaku = Journal of applied glycoscience 46(4), 449-452, 1999-12-01

    日本応用糖質科学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008259465
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10453916
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13403494
  • NDL 記事登録ID
    4976667
  • NDL 雑誌分類
    ZP24(科学技術--化学・化学工業--糖・澱粉)
  • NDL 請求記号
    Z17-15
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ