魚礁漁場造成の経緯と現状 The Progress and Present State of Improvement and Development of Fishing Grounds with Artificial Reefs

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本論は、日本水産工学会平成11年度(1999年)春季シンポジウム「魚礁漁場造成計画手法の現状と課題‐より効率的・効果的な魚礁漁場造りを目指して‐」の導入部として、魚礁漁場造成の歴史的背景、諸制度の経緯と現状について話題提供した内容を取りまとめたものである。享保2年(1742)に、江戸幕府は磯付き根付きの魚貝を地元漁村の専有とし、沖合回遊魚について自由漁業と定め、地先漁業における慣行漁業権が成立した。江戸時代後期になると、コンブ、海苔、カキ等の定着生物の増殖を目的とした築磯が各地で試みられており、貞伝上人の事蹟として知られる伝承(享保年間、1716-1736)に見られるように、コンブ漁場造成を目的とた投石による築磯は一般化していたことが窺われる。

収録刊行物

  • 水産工学

    水産工学 36(3), 261-269, 2000-02-01

    日本水産工学会

参考文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008273659
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10278554
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09167617
  • NDL 記事登録ID
    5310177
  • NDL 雑誌分類
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1327
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ