東京湾盤洲干潟における波による海底面の変動とアサリの移動 Dispersal of Japanese Littleneck Clam Ruditapes philippinarum (ADAMS and REEVE) in Relation to Changes of Bottom Level due to Wave Action on Banzu Tidal Flats, Tokyo Bay

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 柿野 純 KAKINO Jun
    • 千葉県内水面水産試験場 Chiba Prefectural Experimental Fresh-Water Industries Station

抄録

東京湾の盤州干潟で、1994年9月から1995年3月の期間にアサリの定位率と波浪による海底面の変動との関係を調査した。試験には殻長26~28mmの大きさのアサリを用い、これらの生貝およびホルマリンで固定した貝を砂中に3cmの深さに埋めた。春期と秋期は生きアサリの方が固定アサリよりも定位率が高かったが、冬期には逆に低くなった。生貝の累積定位率は0~40%、ホルマリン固定アサリは0~48%であった。海底面の変動とシールズ数との関係をみると、シールズ数が0.12以下では海底面はほとんど変化せず、.12~0.16ではやや堆積傾向、そして0.20以上では浸食傾向となった。概括的には固定アサリや衰弱した生きアサリの個数は海底面の浸食が2cmを越え、シールズ数で0.20以上になると減少する傾向を示した。砂中深く自ら潜砂することによって留まることが出来る活力を持ったアサリであっても、シールズ数がしばしば0.2を越える場所では次第に個体数が減少すると考えられた。

収録刊行物

  • 水産工学

    水産工学 37(2), 115-128, 2000-12-01

    日本水産工学会

参考文献:  23件中 1-23件 を表示

被引用文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008273828
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10278554
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09167617
  • NDL 記事登録ID
    5611872
  • NDL 雑誌分類
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1327
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ