作用波の波向が四角柱体の局所洗掘に及ぼす影響について Effect of Wave Direction on Local Scour Depth Around Rectangular Columns on a Sand Bed

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

波による四角柱体の局所洗掘は四角柱体の形状特性(E/B、D/B:B、D、Eは四角柱体の幅、高さ、厚さ)、クーリガン・カーペンター数(KC)、砂の限界流速に対する作用波の底面流速の比(U/uc)の他に、作用波の波向き(θ)に関係する。ここでは、B=6.0cm、D=9.0cmでB/Eがそれぞれ1.0、2.0および12である3種の四角柱体を波向きに対して角度を変えて実験を行い、各種四角柱体の局所洗掘に及ぼす波向き(θ)の影響度合を求めた。B/Eの大きな四角柱体ほど局所洗掘に及ぼすθの影響が強く現れる。これらの結果は波向きが人工漁礁の局所洗掘に及ぼす影響を考えるうえで参考になる。

収録刊行物

  • 水産工学

    水産工学 37(2), 129-133, 2000-12-01

    日本水産工学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008273852
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10278554
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09167617
  • NDL 記事登録ID
    5611892
  • NDL 雑誌分類
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1327
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ