河川水の湾海水連行促進に及ぼす河口堰の効果に関する研究 Effect of Weir Constructed at River Mouth on Promotion of Bay Seawater Entrainment due to River Water

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

浦戸湾のように湾奥に河川が流入する湾においては、河川水は湾海水を連行し、湾表層を湾外に向かって流れる。それにともなって湾内には表層で流出、底層で流入するいわゆるエスチャリー循環が形成されて、湾の海水交換は促進されるために、湾の水質環境は改善される。湾の環境改善を目的とした河川水の湾海水連行促進法については、スルース・ゲートやサイド・ゲートによる方法がある。本研究では新たに河口に堰を設けることにより河川水位を高め、その水位でもって河川水の湾海水連行量を促進する方法を提案し、その特質を実験と理論解析に基づき検討する。

収録刊行物

  • 水産工学

    水産工学 37(3), 179-186, 2001-02-01

    日本水産工学会

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008273895
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10278554
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09167617
  • NDL 記事登録ID
    5722005
  • NDL 雑誌分類
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1327
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ