浅い閉鎖性水域における溶存酸素の日サイクル変動 Daily Cyclic Variations of Dissolved Oxygen in a Closed-Water Area

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

木村らは、高知県浦ノ内湾での現地観測結果から、閉鎖性水域内における溶存酸素(DO)を含む種々の水環境物質の季節変動を明らかにするとともに、夏期の成層期における底層の貧酸素化が栄養塩濃度を高め、湾の環境を悪化させるとしている。比較的水深が浅く流出入量が小さい閉鎖性水域では、季節変動による水温躍層は一般に存在しないが、日々の日射および放射に基づく水温成層化および水温混合層の形成を繰り返している。このような日サイクル過程は水質の悪化が問題となる夏期のDO濃度変動に重要な影響を及ぼすと考えられる。したがって、富栄養化した水域において、活発な内部生産が生じている夏期のDO濃度の日サイクル変動のような短期変動を把握することは、水環境の保全・改善を図るうえで非常に重要である。本研究は、水深が比較的浅く流出入量が小さい閉鎖性水域を対象とし、熱的擾乱(日射による水温成層化と夜間の熱対流に基づく水温混合層形成)および機械的擾乱(風による流れと波)に対するDOの日サイクル変動について現地観測により検討したものである。

収録刊行物

  • 水産工学

    水産工学 38(1), 53-59, 2001-06-30

    日本水産工学会

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008274038
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10278554
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09167617
  • NDL 記事登録ID
    5848298
  • NDL 雑誌分類
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1327
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ