最大エントロピー法を利用した魚類心拍変動の周波数分析 Power Spectrum Analysis of Fish Heart Rate Variability Using Maximum Entropy Method

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

一方、心電図にはこのような数拍分の拍動間隔を平均した心拍数のみならず、他の多くの生理情報が含まれているため、魚類の心電図解析においてもその詳細な解析の重要性が指摘されている。中でも多数の連続した心拍間隔のゆらぎが自律神経系の緊張状態を表すことが高等動物において既に知られており、魚類においても時系列の周波数成分から生理状態を推測することが可能であると考えられる。しかし、これまで行われてきた魚類心電図を利用した研究では、心拍変動の周期性について詳細に検討した事例は少なく、卓越周波数成分が自律神経のどのような状態を表すのかについても明らかにされていない。陸上動物と比較してノイズ混入等の障害の多い魚類生体電気情報の定量的解析技術の進展が魚類生理の詳細な解明に必要であり、水産情報工学的に解決すべき課題でもある。本報告では、魚類心電図から心拍間隔時系列の周波数成分を求め、その卓越成分をもとに自律神経系の状態を推測する際の指針を得ることを目的とした。

収録刊行物

  • 水産工学

    水産工学 38(2), 145-150, 2001-10-25

    日本水産工学会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008274151
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10278554
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09167617
  • NDL 記事登録ID
    5992361
  • NDL 雑誌分類
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1327
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ