種苗幼魚の計数用光センサヘッドの防汚システム System for Preventing Pollution of Light Sensor Head from Water Drops for Counter of Seedlings Fry

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 矢田 貞美 YADA Sadami
    • 東京水産大学 Leboratory of Ocean Machinery Engineering, Department of Marine Science and Technology, Tokyo University of Fisheries
    • 陳 〓 CHEN Hu
    • 東京水産大学 Leboratory of Ocean Machinery Engineering, Department of Marine Science and Technology, Tokyo University of Fisheries

抄録

種苗幼魚の計数システムにおいて、光センサを利用して計数する場合にセンサの投・受光面に飛散汚水等が付着し、計数精度が徐々に低下する。そこで、著者らはセンサ投・受光面と計測用管の間にアスピレータを設けた吸引式防汚システムを考案・供試し、アスピレータへの流入量、計測用管の内壁からセンサの投・受光面までの距離、ならびに飛散水滴の大小と本システムの防汚性能との関係について検討した。結果の概要は次のとおりである。1.連続的な飛散を防止するためのアスピレータ内の流量が134ml/sで98kPaの負圧を発生できた。2.飛散防止孔の長さを30mm、同孔内の真空圧差を2kPaに設定すると、落下速度10m/s時におけるセンサ投・受光面への水滴の飛散を防止できるものと推定される。

収録刊行物

  • 水産工学

    水産工学 33(3), 169-174, 1997-03-01

    日本水産工学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008274264
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10278554
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09167617
  • NDL 記事登録ID
    4195018
  • NDL 雑誌分類
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1327
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ