食害種によるアサリの減耗 Influence of Predators on Short Neck Clam Stock

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

アサリ漁場には様々な生物が生息している。食害種や競合種の存在も知られており、アサリ増殖の障害になっている。漁場の生産性を向上させるには、減耗要因を排除することが大切である。様々な要因のうち漁業者が対処できる要因は限定されており、食害種の駆除や競合種の除去が対象になる。昭和63年以降、漁場に出現する生物のうち食害種に視点をあて、アサリの減耗の実態を観察してきた。また、食害による経済的な損失を推計するために2,3種の食害生物を飼育し、アサリに対する増肉係数などを求めてみせたので併せて報告する。

収録刊行物

  • 水産工学

    水産工学 33(3), 225-229, 1997-03-01

    日本水産工学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

  • 三重県松名瀬の砂質干潟におけるアサリの空間分布と生息環境

    秋山 吉寛 , 齊藤 肇 , 南部 亮元 , 田中 良男 , 桑原 久実

    応用生態工学 = Ecology and civil engineering 14(1), 21-34, 2011-07-31

    J-STAGE DOI 参考文献54件

  • 我が国のアサリ漁獲量激減の要因について

    松川 康夫 , 張 成年 , 片山 知史 , 神尾 光一郎 , YASUO MATSUKAWA , NARITOSHI CHO , SATOSHI KATAYAMA , KOICHIRO KAMIO , (独)水産総合研究センター中央水産研究所 , (独)水産総合研究センター中央水産研究所 , (独)水産総合研究センター中央水産研究所 , (株)東京久栄 , National Research Institute of Fisheries Science Fisheries Research Agency , National Research Institute of Fisheries Science Fisheries Research Agency , National Research Institute of Fisheries Science Fisheries Research Agency , Tokyo Kyuei Co. Ltd.

    日本水産学会誌 = Bulletin of the Japanese Society of Scientific Fisheries 74(2), 137-143, 2008-03-15

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ J-STAGE DOI 参考文献60件 被引用文献8件

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008274420
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10278554
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09167617
  • NDL 記事登録ID
    4195025
  • NDL 雑誌分類
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1327
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ