2,000GT型漁業練習船乗組員にみられる歩行活動の多様性 Diversity in the Walking Activity of Crew Members on Board a 2,000 G.T. Fishery Training Vessel

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

主に通常航海中における漁船乗組員の歩行活動変動の概要を把握する手がかりを得るために、1994~95年に漁業練習船が行ったニュージーランド・ハワイ航海において、各職種の乗組員18名の歩行数を調べ、次の結果が得られた:1)各乗組員の歩行数は午前午後あるいは日による変動が大きく、平均の個人差も大きい。2)歩行数に関する主成分分析の結果、18変数を扱った分析において累積寄与率が0.8を越えるのは第8主成分であること、因子付加量の大きな主成分が各乗組員によって異なることから、歩行数の変動パターンの多様性が抽出された。因子得点の変動から、歩行数は午前午後・出港後の日数・船としての作業内容〔通常航海・海洋観測・マグロ延縄漁業)のような海面状況と関係のない要因の影響を無視できないことが分かった。

収録刊行物

  • 水産工学

    水産工学 34(1), 9-14, 1997-08-28

    日本水産工学会

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008274450
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10278554
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09167617
  • NDL 記事登録ID
    4381839
  • NDL 雑誌分類
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1327
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ