ハイブリッド法を用いた有限水深域内の没水平板周辺の3次元波動場に関する計算 Calculation of Wave Deformations around Submerged Plates in Finite Water Depths by Solving Linearized Three-Dimensional Wave Diffraction Problems Using the Hybrid Method

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

蓄養殖施設を設置するための静穏域を造成する波浪制御構造物として没水平板構造物に注目し、その波浪制御機能の有効性について検討を加えた。対象とする平板の形状は短形とし、その大きさ、設置条件、入射波条件を変化させた。構造物周辺の波浪変形をハイブリッド法を適用して3次元線形ディフラクション問題を解くことによって算出し、比較検討した。計算の結果、平板の背後に帯状の波高域が形成された。平板の幅および没水深を水深のそれぞれ2倍以上、30%以浅、また平板傾斜角を30℃以上とることによってH/Hi≦0.6(H:計算点での波高、Hi:入射波高)の領域が増大することが示唆された。

収録刊行物

  • 水産工学

    水産工学 34(1), 23-32, 1997-08-28

    日本水産工学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008274469
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10278554
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09167617
  • NDL 記事登録ID
    4381841
  • NDL 雑誌分類
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1327
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ