港湾構造物と付着生物との関わり Relationship between Port Structures and Attached Marine Organisms

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

運輸省港湾局は、1994年10月に新たな港湾環境政策として、「環境と共生する港湾-エコポート-」を発表している。ここで強調されているのは、「今後の港湾整備に当たっては生態系のメカニズムを十分考慮し、生物を含む自然、環境と共生する方策をとることが必要」という観点である。エコポートの考えを具現していくためには、それを支える技術を開発していく必要がある。技術全体における環境配慮の方策については「港湾における海域環境を考える8つの視点」で明らかにしている。港湾技術研究所海洋環境部では、港湾構造物と生物とが共生する手法について研究を進めているが、本報告ではその一手法として、港湾構造物とそれに付着する生物(海藻、固着動物、移動動物)との関係を検討した結果を示している。港湾構造物の設置によって、その周辺海域において生物が増え、多くの種類の魚類等が蝟集すれば、その海域が生物にとって望ましい環境条件になっており、望ましい形態系が構築されていることを意味すると考えたことが、この手法のバックボーンになっている。なお、検討の視点としては、(1)設置した構造物上で、付着生物がどのように遷移していくのか、(2)構造物の基質、型式によって付着生物の種類、出現量はどのように異なるのか、(3)構造物前面波高、日射等、物理的環境条件の差異によって、付着生物はどのような影響を受けるのかの三点である。

収録刊行物

  • 水産工学

    水産工学 34(1), 45-55, 1997-08-28

    日本水産工学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008274485
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10278554
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09167617
  • NDL 記事登録ID
    4381843
  • NDL 雑誌分類
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1327
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ