2,000GT型漁業練習船乗組員の歩行活動にみられる航海日数と海面状態の影響の多様性 Diverse Relation of Walking Activity to the Number of Days Sailed and Surface Conditions Observable in the Pedometer Readings of the Crew Members on Board a 2,000 G. T. Fishery Training Vessel

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1994~95年に2000総トンの漁業練習船が行ったニュージーランド・ハワイ航海において、各職種乗組員18名の歩行活動を計測し、それに及ぼす航海日数、海面状態に関する諸要因の影響を重回帰分析によって調べ、次の結果が得られた:(1)説明変数として重回帰式に取り入れられた変数名と、それらの偏回帰係数の符号だけに着目しても、得られた重回帰式の型は個人によって異なる。(2)歩行活動の概要は航海日数、海域を表すダミー変数、午前午後の差を表すダミー変数によって決まり、海面状態(風向、風速、風浪、うねりの方向、高さおよび周期)は2次的な重要性しか持たない。(3) 重回帰式の多様性を含む得られた結果は、職務内容と関係が深いことがインタビューによって裏付けられた。

収録刊行物

  • 水産工学

    水産工学 34(2), 163-173, 1997-12-12

    日本水産工学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008274587
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10278554
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09167617
  • NDL 記事登録ID
    4381854
  • NDL 雑誌分類
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1327
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ