水面冷却に伴う表層の温度鉛直分布と対流量の推算法 Estimation of Vertical Distribution of Water Temperature in Surface Layer and Convection Flux due to Surface Cooling

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

気温の上昇する成層期、湾底層に発達する貧酸素水塊は、気温が低下して対流がはじまると速やかに消滅する。このように海面冷却に伴う対流は湾の貧酸素化解消に大きな役割を果たしている。ところが対流によってどの程度の表層水が下層に移動し、その結果どの程度の表層から下層に輸送されるかについては不明である。ここでは、海面冷却熱量から対流量を推算するための一次元熱対流モデルを提案し、その精度を実験で確かめる。

収録刊行物

  • 水産工学

    水産工学 34(3), 239-245, 1998-03-01

    日本水産工学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008274626
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10278554
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09167617
  • NDL 記事登録ID
    4474798
  • NDL 雑誌分類
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1327
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ