航走波中の小型実船の動揺特性について On Characteristics of Motions of a Small Actual Boat in Ship Waves

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

このような観点から、著者等は前報で、実海域における小型船舶が造る航走波の計測実験を行い、航走波の特性について報告した。供試船舶は三種類であり、それぞれ排水量型船舶、高速艇ならびに滑走艇である。実験結果は特に航走波の波形、最大波高とその周期について評価した。さらに、比較的容易な小型船舶の航走波の簡易推定法を二種類紹介し、計算と実験結果との比較から航走波の評価を行い、それぞれの船舶による航走波の特性を把握した。これら一連の研究の最終目的は、航走波中の様々な浮体の安全性基準を設けることである。本研究は、それの前段階として、前報告の発展であり、航走波中の停止浮体の動揺特性を、実海域における実験から把握することである。本実験では、前報で航走波の特性を把握した高速艇を航走船舶とし、航走波中の動揺浮体に木製の小型船舶を用いた。浮体の動揺中、特に小型船の危険度に最も影響を与える横揺れ(Rolling)及び縦揺れ(Pitching)を計測して解析した。さらに、航走波中の小型船舶動揺の簡易的予測法を提案し、計算と実験結果との比較から、本計算法の評価を行った。これらを検討した結果、航走波中の小型船舶の動揺特性がおよそ把握できたので、ここに報告する。

収録刊行物

  • 水産工学

    水産工学 35(1), 9-16, 1998-07-31

    日本水産工学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

被引用文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008274760
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10278554
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09167617
  • NDL 記事登録ID
    4553519
  • NDL 雑誌分類
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1327
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ