刺網漁業とホタテ養殖業における漁船労働環境についての比較研究 A Comparative Study of Labor Circumstances in Gill Net Fishing and Scallop Culture

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

北海道道南の噴火湾沿岸域において、刺網漁業とホタテ養殖業に従事している漁業者を対象に労働環境調査を行い、操業中の披露、眠気について比較検討を行った。同地域においては、主にカレイ、スケトウダラを対象とした刺網漁業が盛んに行われている。またホタテ養殖業は、年間を通じた操業計画により、安定した漁業収入が得られる産業として注目されている。結果として、養殖業を含めた沿岸漁業における労働環境の問題点が明らかとなった。

収録刊行物

  • 水産工学

    水産工学 35(1), 51-56, 1998-07-31

    日本水産工学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008274829
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10278554
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09167617
  • NDL 記事登録ID
    4553517
  • NDL 雑誌分類
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1327
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ