1,000GT型漁業練習船の中層トロール投揚網作業時間の長さと乗組員の歩行活動 Length of Working Time and Walking Activity of Crew Members on Board a 1,000 G. T. Fishery Training Vessel during Midwater Trawling

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1000GT型練習船が1997年11月から12月に三陸沖及び四国沖で行った中層トロール中に集めた作業時間の長さと歩行活動に関する記録から求めた重回帰式に、乗組員の活動の変化を通じてそれらに影響を及ぼすと考えられる要因が説明変数として取り入れられるかどうかを検討し、次の結果が得られた:1.投網時間の長さは主に網口の開きを確認するための時間の長さ、揚網時間の長さは主にワープの長さによって決まる。しかし、これらの時間の長さには乗組員の活動を通じた影響がみられた。2.各乗組員の歩行活動を表示する重回帰式の説明変数には、船や網を通じてでなく乗組員を通じて影響を及ぼすと考えられる変数が含まれる。3.各乗組員の歩行活動を表示する重回帰式の説明変数には作業分担と関係が見られる。

収録刊行物

  • 水産工学

    水産工学 35(2), 119-130, 1998-12-01

    日本水産工学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008274862
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10278554
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09167617
  • NDL 記事登録ID
    971372
  • NDL 雑誌分類
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1327
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ