岬先端より発生する剥離渦の特性 Characteristics of Separated Vortices Generated from the Tip of a Cape

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

潮流が岬や半島に当たる場合、岬先端部で剥離渦が生じる。この剥離渦は岬に沿って発達する境界層内で渦度を発達させたもので、剥離後スピンダウンし湧昇流を発生させる。本研究はこの剥離渦の発生周期と強さについて水理実験によって検討した。発生周期のストローハル数は一定値となりレイノルズ数によらないことを実験を現地データから明らかとなった。剥離状態の可視化から渦を形づくる過程が明らかとなり、剥離渦の強さは剥離点における渦度で求められ、岬長、外縁流速およびストローハル数で表される。さらに、岬に沿って発達する境界層厚さは岬長に比例することが導かれ、実験結果とよく一致した。

収録刊行物

  • 水産工学

    水産工学 35(2), 131-137, 1998-12-01

    日本水産工学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008274874
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10278554
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09167617
  • NDL 記事登録ID
    971382
  • NDL 雑誌分類
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1327
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ