陸上および海上航走時における位置補正方式DGPSの測位精度 Accuracy of Differential GPS by Latitude-and-longitude Correction for Positioning in Fixed and Moving Conditions

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は、位置補正方式DGPSの測位精度について検討したものである。このシステムを評価するための実験をインドネシアのプラブハンラトゥにおいて実施した。実験の条件は、受信機を陸上に設置した場合および研究船の操縦性能試験時の海上航走時とした。陸上ならびに海上実験において、緯度と経度の補正値は陸上に設定した基準局で求めた。この方式による補正を行ったDGPSの測位精度は、補正を行わなかった場合に比較して非常に良い精度を有することが確かめられ、陸上における位置誤差は標準偏差で2.0mであった。また、海上航走時においてもこの方式が非常に有用であることが確かめられた。

収録刊行物

  • 水産工学

    水産工学 35(2), 159-165, 1998-12-01

    日本水産工学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008274929
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10278554
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09167617
  • NDL 記事登録ID
    971486
  • NDL 雑誌分類
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1327
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ