DGPSの補正データ伝送遅延における測位精度の劣化 The Deterioration of Position Accuracy due to Transmission Delay of DGPS Correction Data

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

DGPSは補正データを伝送することによって利用者側の測位精度を向上させることができる。この補正データの伝送に遅延が生じれば、利用者側のDGPSによる測位精度は劣化する。そこで、利用者側の受信機を補正データを送信する側のすぐ近くに置いた場合と、約210km離れたところに置いた場合において、補正データの伝送遅延時間が及ぼす測位精度の劣化程度がどのようになるかを解析した。その結果、送信側から210kmのエリア内の測位誤差は、補正データの伝送遅延時間と利用者側のDGPSの測位誤差にのみ影響を受け、送信側から利用者までの距離の影響は受けないことが分かった。このことにより、補正データ伝送遅延時間による測位誤差を簡単に求めることが出来る近似式を導き出した。

収録刊行物

  • 水産工学

    水産工学 36(1), 49-55, 1999-07-15

    日本水産工学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008275202
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10278554
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09167617
  • NDL 記事登録ID
    4818695
  • NDL 雑誌分類
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1327
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ