港内直立壁に形成されるカジメ群落の構造 Structure of Ecklonia Cava Community on the Upright Seawall Inside Harbour

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

カジメ群落が成立する岩礁域周辺の港や防波堤の直立壁に、安定した群落が形成され、多くの生物が蝟集することがあるが、詳細についての報告例はない。その群落構造を把握することは、生物共存型構造物の設計あるいは既設構造物の有効利用に役立つものと考えられる。今回、港内直立壁に形成されたカジメ群落の構造を調べたので報告する。

収録刊行物

  • 水産工学

    水産工学 36(2), 215-216, 1999-11-15

    日本水産工学会

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008275448
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10278554
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    09167617
  • データ提供元
    CJP書誌  IR 
ページトップへ