誘導結合プラズマ発光分析法および誘導結合プラズマ質量分析法による食用塩の多元素定量 Multielement Determination of Major-to-Ultratrace Elements in Common Salts by Inductively Coupled Plasma Atomic Emission Spectrometry and Inductively Coupled Plasma Mass Spectrometry

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 紀 杉 JI Shan
    • 名古屋大学大学院工学研究科応用化学専攻 Department of Applied Chemistry, Graduate School of Engineering, Nagoya University
    • 藪谷 智規 YABUTANI Tomoki
    • 名古屋大学大学院工学研究科応用化学専攻 Department of Applied Chemistry, Graduate School of Engineering, Nagoya University
    • 伊藤 彰英 [他] ITOH Akihide
    • 名古屋大学大学院工学研究科応用化学専攻 Department of Applied Chemistry, Graduate School of Engineering, Nagoya University
    • 原口 紘気 HARAGUCHI Hiroki
    • 名古屋大学大学院工学研究科応用化学専攻 Department of Applied Chemistry, Graduate School of Engineering, Nagoya University

抄録

食用に供されている5種類の塩 (福建天日塩, 能登塩, 赤穂塩, 瀬戸塩, JT塩) について, 水溶性成分および不溶粒子成分中の主成分元素から超微量元素までの35~36元素を誘導結合プラズマ発光分析法 (ICP-AES) および誘導結合プラズマ質量分析法 (ICP-MS) によって定量した. 塩試料10~1000gを純水250~4000m<I>l</I>に溶解した塩水を, 孔径0.45μmのメンブラソフィルターでろ過し, ろ液を水溶性成分, フィルター上の残さを不溶粒子成分とした. 水溶性成分中の微量元素はキレート樹脂濃縮法によって濃縮後, ICP-MSによって定量した. 不溶粒子成分はフィルターごとHNO<SUB>3</SUB>/HClO<SUB>4</SUB>/HFを 用いて酸分解を行って, 定量に供した. 定量結果から, 自然塩である福建天日塩及び能登塩中には精製塩である赤穂塩と瀬戸塩, および工業製塩であるJT (日本たばこ産業) 塩よりも高濃度の微量金属元素が多数含まれており, また自然塩では多くの金属元素 (Al, Ti, Fe, Zn, Ga, Y, 希土類元素, Thなど) が塩中元素濃度に対して80%以上の割合で不溶粒子成分中に含有されていることが明らかとなった. 一方, 今回検討された塩については, Na, K, Mg, Ca, Srは ほとんどが水溶性成分中に存在した. さらに, MoとCdも80%以上が水溶性成分中に存在していた, このような結果は, 塩中の元素分布は塩の製造方法や工程とともに, 海水中の元素の存在形態と関連があることを示すものである.

Major-to-ultratrace elements in common salts were determined by ICP-AES (inductively coupled plasma atomic emission spectrometry) and ICP-MS (inductively coupled plasma mass spectrometry). The salt samples (Fukken salt, Noto salt, Akoh salt, Seto salt, JT salt) were dissolved in pure water, and the salt water solutions were filtered with a membrane filter (pore size 0.45μm). The filtrates and the particulates remained on the filter for each salt sample were analysed as the water-soluble and particulate constituents of salts, respectively. Although the portion of particulates in natural salts was ca. 0.006-0.06%, the concentrations of Al, Ti, Fe, Zn, Ga, Y, rare earth elements, and Th in particulate constituents were more than 80% of their total concentrations in salt. Sodium, K, Mg, Ca and Sr were mostly in water-soluble forms. In addition, more than 80% of Mo and Cd were also in water-soluble forms for all salts examined here, reflecting their chemical forms in sea water.

収録刊行物

  • 日本海水学会誌

    日本海水学会誌 54(2), 117-125, 2000-04-01

    日本海水学会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008275721
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0018645X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03694550
  • NDL 記事登録ID
    5334522
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山) // ZP8(科学技術--化学・化学工業--無機化学・無機化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z15-47
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ