海流中におけるアミドキシム型繊維束吸着剤のウラン吸着性 Adsorption Properties of Uranium on a Banded Fiber Adsorbent Containing Amidoxime Groups in a Stream of Sea Water

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

一定の繊維束径 (d=5または10mmφ) および繊維東長 (1=5~200mm) を有するアミドキシム型繊維束吸着剤 (AO繊 維束) によるウラン吸着を一定の荷重 (σ=W/S=0.001or0.01kg/mm<SUP>2</SUP>, ここで四は錘の重量を, SはAO-繊維束の断面積 を表す) を下端に取り付けた繊維束吸着剤を一定流速27cm/secの海流中に保持することによって検討した.AO-繊維束のウラン吸着速度は<I>l/d</I>比とともに増大し, <I>l/d</I>>10で最大となった. さらに, ウラン吸着速度は, 荷重σが小さいほど高くなった. これらのウラン吸着性は, 海流中におけるAO-繊維束の形状の変化からよく説明できる. 27cm/sの一定海流中におけるL/d=20およびσ=0.001kg/mm<SUP>2</SUP>のAO-繊維束によるウラン吸着速度は, カラム実験による結果とほぼ一致し, 14日間で0.45mg/gのウラン吸着量を示した, 以上の結果は, 実海域におけるAO-繊維束の曳航によるウラン吸着の結果とよく一致した.

The adsorption of uranium on a banded fiber adsorbent containing amidoxime groups (Banded-AOF) with a constant diameter (<I>d</I>=5 or 10mmφ) and a constant length (<I>l</I>=5-200mm) was examined by arranging Banded-AOF with a sinker attached to its deep end (σ=<I>W/S</I>=0.001 or 0.01kg/mm<SUP>2</SUP>, where <I>W</I> is the weight of the sinker and <I>S</I> is the section area of Banded-AOF), in a stream of sea water with a velocity of 27cm/s. The adsorption rate of Banded-AOF increased with an increase in the ratio <I>l</I>/<I>d</I>, and reached a maximum value in the range of <I>l</I>/<I>d</I>>10; furthermore, it increased as the load σ decreased. This adsorptive toward uranium is explained by the shape of Banded-AOF in the stream of sea water: the middle region of Banded-AOF expanded more with an increase in <I>l/d</I> and a decrease in σ. The adsorption rate of Banded-AOF with <I>l/d</I>=20 and σ=0.001 kg/mm<SUP>2</SUP> in the sea water stream of 27cm/s was almost equal to that in a column experiment, exhibiting an uptake of uranium of 0.45mg/g for 14 days. The above results were consistent with those of the adsorption of uranium on Banded-AOF in tow in a natural sea area.

収録刊行物

  • 日本海水学会誌

    日本海水学会誌 54(3), 242-249, 2000-05-25

    日本海水学会

参考文献:  21件中 1-21件 を表示

  • <no title>

    加藤俊作

    日化 1449, 1982

    被引用文献1件

  • <no title>

    加藤俊作

    日化 1455, 1982

    被引用文献1件

  • <no title>

    高木憲夫

    海水誌 42, 279, 1989

    被引用文献6件

  • <no title>

    SAKANE K.

    Int. Meet. on Recovery of Uranium from Seawater 129, 1983

    被引用文献4件

  • <no title>

    為廣正起

    第2回波浪エネルギー利用シンポジュム論文集 225, 1987

    被引用文献1件

  • <no title>

    高木憲夫

    第2回波浪エネルギー利用シンポジュム論文集 241, 1987

    被引用文献1件

  • <no title>

    為廣正起

    分離技術 18, 5, 1988

    被引用文献2件

  • <no title>

    信川寿

    日本造船学会論文集 165, 281, 1989

    被引用文献7件

  • <no title>

    信川寿

    日本造船学会論文集 168, 321, 1990

    被引用文献6件

  • <no title>

    信川寿

    日本造船学会論文集 172, 519, 1992

    被引用文献6件

  • <no title>

    TAKAGI N.

    Proc. ICIE 549, 1991

    被引用文献3件

  • <no title>

    高木憲夫

    海水誌 50, 3, 1996

    被引用文献4件

  • <no title>

    高木憲夫

    海水誌 51, 133, 1997

    被引用文献3件

  • <no title>

    高木憲夫

    海水誌 52, 177, 1998

    被引用文献2件

  • <no title>

    尾方昇

    海水誌 39, 289, 1986

    被引用文献1件

  • <no title>

    岡崎守男

    海水誌 41, 257, 1988

    被引用文献1件

  • <no title>

    高木憲夫

    海水誌 45, 287, 1991

    被引用文献2件

  • <no title>

    広津孝弘

    海水誌 47, 359, 1993

    被引用文献2件

  • <no title>

    榊原実雄

    日本海水学会, 第39年会要旨集 38, 1988

    被引用文献1件

  • <no title>

    榊原実雄

    日本海水学会, 第40年会要旨集 4, 1989

    被引用文献1件

  • <no title>

    榊原実雄

    日本海水学会, 第41年会要旨集 40, 1990

    被引用文献1件

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008275943
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0018645X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03694550
  • NDL 記事登録ID
    5353789
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山) // ZP8(科学技術--化学・化学工業--無機化学・無機化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z15-47
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ