大型海藻ツルシラモの生長への室戸海洋深層水の影響 The effect of Muroto Deep Sea Water on the Growth of the Red Alga, Gracilaria chorda (Holmes), from Shikoku Island

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

紅藻ナゴノリ属大型海藻ツルシラモの生長に対する室戸海洋深層水の影響を評価した. 比較対照として室戸海洋表層水及び屋島海洋表層水を使用した. 各種海水中で培養した海藻の湿重量を測定し統計学的解析を行った結果, 室戸海洋深層水で培養した海藻の湿重量が海洋表層水で培養した海藻の湿重量を著しく上回っていることが明らかになった. 海洋深層水中で4週間培養した海藻の湿重量は表層水使用時の約2倍重かった. 海水の化学分析により室戸海洋深層水が高濃度のNO<SUB>3-</SUB> (24.2~30.2μM) とPO<SUP>3-</SUP><SUB>4</SUB> (1.50~2.00μM) を含有していることが明らかになった. 海洋表層水への無機栄養塩添加 (最終濃度;約30μM NO<SUP>-</SUP><SUB>3</SUB>, 2μMPO<SUP>3-</SUP><SUB>4</SUB>) により海藻湿重量が増加した. このことは窒素やリンが海藻生長促進に効果があることを示唆している. 海藻生長に影響を与える因子のうち培養液以外の環境因子を精密に制御した条件で海洋表層水と比較培養することにより, 室戸海洋深層水が大型海藻ツルシラモの生長を促進することが明らかになった.

The effect of the Muroto deep seawater on the growth of the red alga, <I>Gracilaria chorda</I> (Holmes), was stu died.The Muroto surface seawater and the Yashima surface seawater were used in control experiments. Fresh weights of <I>G. chorda</I> cultured in the different seawaters were measured and analyzed statistically. The statistical analysis showed that the fresh weight of the alga cultured in the Muroto deep seawater was significantly heavier than that cultured in surface seawater. After four weeks culture, algal fresh weight in deep seawater was about twice as heavy as that in surface seawater. Chemical analysis showed that the Muroto deep seawater contained large amounts of inorganic nutrients such as NO<SUP>-</SUP><SUB>3</SUB> (24.2-30.2μM) and PO<SUP>3-</SUP><SUB>4</SUB>(1.50 2.00μM). Because algal fresh weight increased with the addition of two inorganic nutrients (final concentration: about 30 pm NO<SUP>-</SUP><SUB>3</SUB> and 2μm PO<SUP>3-</SUP><SUB>4</SUB>) to surface seawater, such nutrients probably contribute to the grow th of the alga. The result suggests that the Muroto deep seawater is a more effective medium for the red alga, G. chorda, than any of the other seawaters tested.

収録刊行物

  • 日本海水学会誌

    日本海水学会誌 54(4), 310-315, 2000-08-01

    日本海水学会

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008276026
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0018645X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03694550
  • NDL 記事登録ID
    5430605
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山) // ZP8(科学技術--化学・化学工業--無機化学・無機化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z15-47
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ