室戸海洋深層水の特性 Characteristics of Muroto Deep Seawater

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

室戸海洋深層水の主要成分及び栄養塩類等の定期的測定を実施し, 各成分の安定性や変動性を調査した. その結果, 主要成分ではほとんどの成分が変動係数2%以下であり安定性があることを示していた. 栄養塩類においては変動係数が高く, また, 栄養塩類間に相関性が認められた. また, 外洋の栄養塩類の鉛直分布と比較して室戸海洋深層水は, 取水深度よりも深い層を流れている海水であることが示唆された.

Muroto deep seawater is rich in nutrients, clean, and low in temperature. Deep seawater is used as a raw material in industry. A periodic observation of deep seawater was executed and the stabilities of each element were studied. As a result, almost all major elements were found to be stable at the coefficient of a variance of 2% or less. On the other hand, those of the nutrients were high compared to major elements. And the correlation for each nutrient was found. This infers that Muroto deep seawater is deeper than actual deep seawater compared by means of vertical profiles of nutrients in the North Pacific.

収録刊行物

  • 日本海水学会誌

    日本海水学会誌 55(3), 158-165, 2001-06-01

    日本海水学会

参考文献:  25件中 1-25件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008276616
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0018645X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03694550
  • NDL 記事登録ID
    5790817
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山) // ZP8(科学技術--化学・化学工業--無機化学・無機化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z15-47
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ