バージ船によるポンプ流動式海水ウラン採取システムについて A Barge-Type System for Extracting Uranium from Seawater Using Pump Units

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

結束アミドキシム型繊維吸着剤を小型模型吸着床タンクに入れ, ウラン吸着実験を実施し, この吸着特性に基づいて海水ウラン採取システムの概念設計を行った. この吸着システムは, プッシャーボートに連結されたバージ船に吸着床タンクを設置し, バージ船の二重底の取水弁から海水を吸着床タンクに流入させ, タンク内に積層した吸着剤を透過した海水をタンク上部のオーバフローゲートから排水タンクに溜め, 排水タンク内のポンプで透過した海水を排水してタンク底からの海水を連続して積層吸着剤に流入させるものである.<BR>採取システムの実海域での稼動吸着シミュレーションを行い, 採取コストの試算をして提案した採取システムの有効性を評価した. その結果によると, ウラン1kg採取に要する費用は約42,000円となる.

Uranium adsorption tests using bundle-shaped fiber adsorbents containing amidoxime groups have been performed on a bench scale model of the adsorbent bed tank.On the basis of these adsorption tests, a conceptual design for extracting uranium from seawater is presented in this study. The extraction system consists of a barge with adsorbent bed tanks and a pusher boat. In the proposed system, seawater flows into the adsorbent bed tanks from suction valves placed on the inner bottom of the barge, then passes through the piled adsorbent and is finally discharged out of the tanks through the overflow gates by drain pumps.<BR>In addition, numerical simulations for the extraction system are carried out under theoretical operating conditions. A feasible assessment of the extraction system is also made in this paper. The production cost of uranium extraction is about 42,000yen/kg-uranium.

収録刊行物

  • 日本海水学会誌

    日本海水学会誌 55(3), 166-174, 2001-06-01

    日本海水学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

  • <no title>

    高木憲夫

    海水誌 42, 279, 1989

    被引用文献6件

  • <no title>

    高木憲夫

    海水誌 50, 3, 1996

    被引用文献4件

  • <no title>

    高木憲夫

    海水誌 51, 133, 1997

    被引用文献3件

  • <no title>

    高木憲夫

    海水誌 52, 177, 1998

    被引用文献2件

  • <no title>

    為廣正起

    分離技術 18, 5, 1988

    被引用文献2件

  • <no title>

    信川寿

    日本造船学会論文集 165, 281, 1989

    被引用文献7件

  • <no title>

    信川寿

    日本造船学会論文集 168, 321, 1990

    被引用文献6件

  • <no title>

    信川寿

    日本造船学会論文集 172, 519, 1992

    被引用文献6件

  • <no title>

    高木憲夫

    海水誌 54, 242, 2000

    被引用文献1件

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008276642
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0018645X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03694550
  • NDL 記事登録ID
    5790854
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山) // ZP8(科学技術--化学・化学工業--無機化学・無機化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z15-47
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ