東部インド洋における溶存セレンの分布 Distributions of Dissolved Selenium Species in the Eastern Indian Ocean

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 服部 裕史 HATTORI Hiroshi
    • 近畿大学理工学部化学科地球化学研究室 Department of Chemistry, Faculty of Science and Technology, Kinki University
    • 中口 譲 NAKAGUCHI Yuzuru
    • 近畿大学理工学部化学科地球化学研究室 Department of Chemistry, Faculty of Science and Technology, Kinki University
    • 平木 敬三 HIRAKI Keizo
    • 近畿大学理工学部化学科地球化学研究室 Department of Chemistry, Faculty of Science and Technology, Kinki University

抄録

インド洋における5測点で, 溶存態セレン (亜セレン酸; +4価, セレン酸; +6価, 有機態セレン; -2価) の鉛直分布を高速液体クロマトグラフィー-2, 3-ジアミノナフタレン (DAN) 蛍光検出法を用いて測定した. 表層300m間における亜セレン酸の濃度はかなり低濃度であり, その鉛直分布は栄養塩型 (表層低は濃度で, 深度と共に増加) であった.亜セレン酸と栄養塩元素との間に良好な相関関係が各水柱で認められ, インド洋に関しての化学量論モデルを構築した. これらのモデルは, インド洋での亜セレン酸に関する生物地球化学的サイクルがその他の海域と類似していることを示していた. セレン酸は, 表層水中で優占種であり, またその濃度は表層から底層までほとんど一定であった. しかしながら, そのセレン酸の平均濃度はそれぞれの測点で異なっていた. 有機態セレンは外洋深層水中で初めて検出され, その鉛直分布には様々なタイプのがあることが分かった.

The vertical profiles of dissolved selenium species, selenite (+4), selenate (+6), and organic selenide (-2), at five stations in the Indian Ocean were determined with a high performance liquid chromatography(HPLC)-2, 3-diaminonaphtalene (DAN) fluorometric method. The concentrations of selenite in the upper 300m were very low, and the profiles were similar to nutrient behavior (surface depletion-deep water enrichment). A significant correlation between selenite and nutrients in these water columns and stoichiometric models are established for the Indian Ocean. These relationships indicate that the biogeochemical cycle for selenite in the Indian Ocean is similar to that in other ocean regions. Selenate is the dominant species in the surface water and its concentration is almost uniform from the surface to the bottom. However, the mean concentrations of selenate were different at each station. Organic selenide was first identified in open-ocean deep water, and the profiles indicated that some types of organic selenide exist in oceans.

収録刊行物

  • 日本海水学会誌

    日本海水学会誌 55(3), 175-182, 2001-06-01

    日本海水学会

参考文献:  28件中 1-28件 を表示

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008276652
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0018645X
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03694550
  • NDL 記事登録ID
    5790867
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山) // ZP8(科学技術--化学・化学工業--無機化学・無機化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z15-47
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ