海洋における溶存有機炭素および海洋腐植様物質の海域特性に関する研究 Study on Regional Characteristics of Dissolved Organic Carbon and Marine Humic Like Substances in the Ocean

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

溶存有機炭素 (DOC) の定量および三次元励起・蛍光スペクトルの測定に用いた海水試料は, 北西太平洋, インド洋 (アンダマン海およびベンガル湾), 日本海およびオホーツク海にて採取した.水深1000m以深でのDOC濃度には顕著な違いが認められた. 1000m以深でのDOC濃度は, 日本海において高濃度であったが, 他の海域ではほぼ同じ濃度範囲であった. 海洋腐植様物質に代表される蛍光性有機物質は, 各海域において表層付近でDOC中の5~15%, 深層水中で20~37%を占めていた、これらの結果により, 溶存有機物 (DOM) の性質の違いや, 各海域において異なったDOMの生成および分解過程が存在する等の海域特性を明らかにした.

Seawater samples were collected in the western North Pacific, the Indian Ocean (Andaman Sea and Bay of Bengal), the Sea of Japan and the Sea of Okhotsk to find levels of dissolved organic carbon (DOC) and to analyze the three-dimensional excitation emission matrix spectrum. The DOC concentrations bellow 1000 m depth showed significantly different distribution. In the Sea of Japan, the mean concentration of DOC below 1000 m was higher, but in the other regions it was approximately the same concentration range. Fluorescent organic matter such as marine humic-like substances constituted 5 to 15% of DOC in the surface layer and 20 to 37% in the deep layer. The results show characteristics of the ocean regions, such as the difference in the nature of dissolved organic matter (DOM) or the existence of different production and decomposition processes of DOM in each ocean region.

収録刊行物

  • 日本海水学会誌

    日本海水学会誌 55(6), 419-427, 2001-12-01

    日本海水学会

参考文献:  23件中 1-23件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008277674
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0018645X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03694550
  • NDL 記事登録ID
    5997533
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山) // ZP8(科学技術--化学・化学工業--無機化学・無機化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z15-47
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ