協同効果を利用した分子インプリント法によるリチウム選択性鋳型樹脂の調製 Li(I) Selective Resins Prepared by Means of Molecular Imprinting Technique Utilizing Synergistic Effect

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

界面分子インプリント法により, リチウムに対して高い選択性を示す新規吸着剤を調製した. 本手法では, W/O型エマルションの油水界面が金属イオンの認識場となって機能性分子が組織化され, 対象金属に対して親和性の高い結合部位がマトリックス表面に固定化される. 機能性分子としてはβ-ジケトン系抽出剤を, 協同試薬として酸化ホスフィンを使用した. 両試薬を単独で組み込んだ樹脂はいずれもリチウム吸着能を示さなかった. しかしながら, 両試薬を混合して調製した鋳型樹脂はリチウム吸着能と選択性を示した. 本報は, 協同効果を分子インプリントの手法で発現させた最初の例である. 協同系におけるリチウム吸着能の発現は, 界面場で安定なリチウム抽出錯体種の形成と, その効率的な固定化によるものと推察される.

We have created a novel resin that shows a high selectivity to a target Li (I) ion by means of a surface molecular imprinting technique. With this technique, the organic-aqueous interface of W/O emulsions is utilized as a recognition field for a water-soluble targeted metal ion. The target lithium ion forms a complex with functional host molecules at the oil-water interface, and the orientation of the functional molecules is immobilized. After the matrix is polymerized, the coordination structure is eventually"imprinted" on the polymer surface. We used β-diketone as the functional molecule and phosphine oxide as the synergistic reagent. The Li (I)-imprinted polymer with both the reagents exhibited high adsorption ability toward the target Li (I) ion. On the other hand, the Li (I)-imprinted polymer using β-diketone or phosphine oxide alone afforded no adsorption affinity to Li (I). This is the first report to utilize a synergistic effect in a molecular imprinting technique.

収録刊行物

  • 日本海水学会誌

    日本海水学会誌 56(3), 228-233, 2002-05-24

    日本海水学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008278208
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0018645X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03694550
  • NDL 記事登録ID
    6171305
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山) // ZP8(科学技術--化学・化学工業--無機化学・無機化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z15-47
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ