広範囲の粒径に適用可能な溶解速度表示法 Expression of Dissolution Rate Applicable to Wide Range of Particle Sizes

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

広い粒径範囲に適用が可能で装置や溶解条件が異なる場合にも測定値を比較できる溶解速度測定法について検討した.<BR>現行カラム法の問題点を明らかにするとともに, 撹拌法において全粒子が浮遊する条件で溶解することにより溶解理論に適合する測定値が得られた. また, 分級した試料を標準試料として相対溶解速度を算出することにより, 装置や溶解条件の異なる測定値の比較が可能となった.

A method to measure the dissolution rate of salt that can be applied to a wide range of particle sizes, and that can be used to compare values using different types of equipment and dissolution conditions, was developed. The problem with the present column method was clarified. On the other hand, using the agitation method, the measured value that suits the dissolution theory was obtained under dissolution conditions in which all particles float. Moreover, using the relative dissolution rate calculated for a cubic standard sample with a uniform particle size, a comparison of the values measured using different types of equipment and dissolution conditions was carried out.

収録刊行物

  • 日本海水学会誌

    日本海水学会誌 56(3), 256-260, 2002-05-24

    日本海水学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008278277
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0018645X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03694550
  • NDL 記事登録ID
    6171399
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山) // ZP8(科学技術--化学・化学工業--無機化学・無機化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z15-47
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ